三社で林業を活性化

弊社及び、十六銀行、極東森林開発株式会社は「森林資産見える化プロジェクトに関する包括的連携協定」に関する締結を行いました。

詳細はこちら

ITを活用して山林資産分析

県土の8割を森林面積が占める岐阜県に、13万人を超える個人所有山林があります。資産としての森林価値がよくわからないという理由で、放置されたままではないでしょうか。自然における多面的機能発揮のためにも、適切な管理が求められています。

森林資産管理システム【森の番人】を利用し、所有山林を資産として見直すきっかけになるのではないかと思います。将来の資産価値も予測できます。


「森林資産見える化」プロジェクト始動!

「森林資産見える化」とは

国が地方創生を最重要課題として掲げるなか、各地域が自ら地域資源を活用し、地域活性化に向けた取組みが求められています。県土の8割を森林面積が占める岐阜県。全国屈指の森林資源を得られる環境にあります。

一方、林業は輸入材の台頭とライフスタイルの変化により、国内材木価格は長年下落傾向にあり、林業事者は減少の一途を辿っています。現在の多くの森は、適切な整備ができず、森が荒廃し、治山治水やCO2削減などの、森が有する機能を生かすことができていない状況です。

こうした状況の中、㈱インフォファーム、極東森林開発㈱、㈱十六銀行の3社は、森林整備の促進をはかるため、「森林資産見える化」の取組みをスタートしました。

森林資産見える化セミナー


森林資産見える化プロジェクトに関する
包括的連携協定について

森林が整備されず、森が荒廃していくなか、ITシステム(森林資産分析サービス)を活用し、森林の資産価値を「見える化」し、整備に関するコンサル業務や間伐等の整備業務を通して、植樹、間伐、育樹による循環型の森づくりを実施する。

本連携協定は、岐阜県の地域資源である「森林」を活用した地方創生の取り組みであるとともに、「恵みの森づくり」に向けて、多業種にわたる民間企業(システムソフト開発企業、林業関連企業、地方銀行)が連携協定を結び、森林整備の促進を図ることは、全国初の取り組みとなる。


サービス内容と費用

  サービス 費用
 0 森の番人トライアル 無料  (県内所有者様 1箇所のみ)
1 森の番人による机上試算 50,000円~(税別)
2

現地調査 (再評価作業含む)

面積・場所に応じて、
価格帯でご用意
3 皆伐、間伐、作業指示
4 杭打ち
5 コンサルティング契約

※岐阜県内向けの価格です。 詳細は弊社までお問合せください。

 お電話はお気軽に TEL:058-279-1881