アインシュタインの宿題

今から100年余前、アインシュタインは一般相対性理論で、「重力波の存在」を予言しました。質量を持つ物体が存在すると、それだけで時空がゆがみ重力が生まれ、物体の運動により、ゆがみが波として重力波が生まれます。重力は、宇宙の構造や進化を支配するとても重要な力。重力波を観測できるようになることは、宇宙の謎を知るために非常に重要なのです。

重力波の観測で何がわかる?

重力波の観測により、一般相対性理論の正しさが証明され、光やX 線では知り得ない過去の宇宙から宇宙誕生の瞬間まで知ることができると期待されています。


水素原子1つ分|超々微細な変化を捉えるKAGRA

岐阜、富山県境の池ノ山地下に設置された重力波望遠鏡KAGRA。近くにはスーパーカミオカンデ。
岐阜、富山県境の池ノ山地下に設置された重力波望遠鏡KAGRA。近くにはスーパーカミオカンデ。

重力波では時空が歪み、二地点間の長さが変化しますが、太陽ー地球間の長さでも、水素原子一つ分伸び縮みする程度。この超々微細な変化を測定しようとしているのがKAGRAです。交差する2つのトンネルに1つの光源からレーザーを発射後2つに分割、それぞれ3Km先のサファイアの鏡で反射して戻る時間の違いを測ります。
より鮮明に重力波を捉えるには、様々なノイズを避け、計測精度を上げていく必要があり、KAGRAでは岐阜県神岡の地下200mの鉱山に、観測の為の鏡を-253℃まで冷却し、精度を上げる努力をされています。


岐阜県飛騨市にある重力波観測実験施設KAGRA。この施設のトンネル内ネットワーク構築を担当させていただいたのが、弊社ネットワーク・ソリューション事業部です。
構内のどこでも通話できるようにとの希望に、PHSと60台のアンテナを連続して切り替えられるよう設計。オフィスへの施設とは大きく違い、「トンネルの中であること」「KAGRAの装置があること」など、特殊な環境での設置の工夫や、電波強度の調整が、困難な作業となりました。
なお、災害に備え、居場所が分かるよう、作業者の位置が表示ができるようにもなっています。
6年の取り組みの末、昨年稼働させることができました。

今後はスーパーカミオカンデとの接続、さらには神岡で培った技術を、お客様にもフィードバックしていきたいと考えています。


平成元年 完成記念式典

令和元年10月4日に行われた、東京大学宇宙線研究所 KAGRAの完成記念式典において、構内電話設備の施設・運用に対して感謝状を頂きました。
多くの研究者の方や企業が係わるこの大プロジェクト。この一端を担わせていただけましたこと、大変光栄に感じております。
今後とも、同研究所及びプロジェクトに貢献できますよう尽力して参る所存です。